2018年9月9日日曜日

Emperor

今現在、世界各国の元首(日本は国民統合の象徴ということになっている)の敬称でEmperor=皇帝(日本は天皇)を名乗れるのは日本の天皇だけだそうである。よって英国エリザベス女王(Queen)が日本の天皇に謁見したとき膝をついて頭を下げているところを見たことがある。オバマ前大統領も頭を下げていた。トランプ大統領は側近の忠告を受けたのか下げなかったけど。

「皇帝」とは「王(女王)」の上に立つ存在であるが、今や植民地もない日本がなぜ「皇帝(天皇)」を名乗れるのか?

その昔は「大王(おおきみ)」と呼んでいたそうだが、天武天皇のとき、朝鮮半島の東の一部、新羅を従えていた(と思っていた)時期に「天皇」の呼称に変えたようである。それがそのまま今まで続いている。

専門家ではない素人の思い込みと思ってもらって良いですが、当時から小華夷思想つまり、大唐帝国を中心とする華夷思想に対抗して、日本が中心で朝鮮半島の一部を従えている、という意識がその頃にはあったのでしょう。

以前、韓国の新聞を見たことがありますが、日本の天皇のことを「日王」と称しており、これは「日本は韓国の上ではないぞ」と言いたいようで、天皇に対して失礼なことではありますが、心情的にはわからなくもない、と言ったところでしょうか。




0 件のコメント:

コメントを投稿

新しいタイプの世界史の教科書

昨日立川駅構内の書店で偶然見つけた書籍です。著者は現役の公立高校の教師だそうで、長年世界史を教えるのに苦労されてきた工夫があちこちに見られて好感が持てます。 常々思っていることですが、大人になってから勉強し直すのに何も大学教授など偉い先生の書いた難解なものをありがたく読む必要...